本事前視聴登録いただいた先生方には、ご登録完了後24時間以内に①登録完了メール、講演会当日には②リマインドメールを差し上げます。
一部、Gmail等をご利用の先生方には弊社からのメール(①及び②)が届いていない事象が発生しておりますので必ずご確認賜りますようお願い申し上げます。
①及び②のメールが届いていない場合は、お手数ですが下記 <お問い合せ先> までご連絡ください。

【講演概要】

認知症の診療は原因疾患の診断からはじまる。そしてその原因疾患の診断には臨床症状の正確な把握と神経画像検査とが必要である。本セミナーでは、精神科外来や認知症外来で認知症を疑うべき症状、神経画像検査の選択や読影、特に脳SPECT(脳血流/ドパミントランスポーター)検査の活用法について解説する。
また認知症の人の生活の質を低下させ、介護者の介護負担の原因となるBPSDは、軽度認知障害の段階から出現しうる。そのため認知症診断時からBPSDへの介入を開始する必要があり、多くの精神科医の早期診断治療への参画が望まれている。
本セミナーが認知症診療に携わる先生方の日常臨床にお役に立てていただければ幸いです。


※ 大変恐縮ながら、当日の視聴サイトへのログインには再度、お名前、ご所属をご入力いただく形になりますがご了承下さい。


<お問い合わせ先>
日本メジフィジックス株式会社 マーケティング部 中枢グループ
TEL: 03-5634-7404(平日9:00-17:30)