DaTSCAN dokuei.png

ダットスキャン®読影のポイント

 紹介した症例は臨床症例の一部を紹介したもので、全ての症例が同様な結果を示すわけではありません。 「警告・禁忌等を含む使用上の注意」等についてはDIをご参照ください。

DaTViewによる画像解析は、株式会社AZEの「AZE VirtualPlace隼」を使用することで実施可能です。

ダットスキャン®静注の定量的指標であるSBR(Specific Binding Ratio)は使用機種、コリメータ、画像再構成法、被験者の年齢等によって異なりますので、その解釈には十分ご注意ください。